• TOP
  • キャッシング会社一覧

キャッシング会社を選ぶポイントとは?

初めてキャッシングをするとき、どこでお金を借りることができるのか、金融機関ごとにどのような特徴があるのか、どこを選べばよいのかなど、いろいろと迷うこともあると思います。

3種類のキャッシング会社

キャッシング会社を大きく分けると3種類あります。
銀行や銀行系の会社・消費者金融・信販会社の3つです。

では、これらのキャッシング会社の違いはどのようなものでしょうか?
お金の借り入れをする前に、それぞれの情報を比較し、メリットやデメリットについても確認してみましょう。

比較項目 審査 融資までの時間 借入限度額 金利
銀行 厳正な審査 条件による
※条件を満たせば即日融資
総量規制対象外
高額借入可能
低め
平均14%~18%
消費者金融 比較的易しい スピード対応
※最短30分、即日融資可能
総量規制対象
年収の3分の1を超える額の貸付不可
高め
平均17%~18%
信販会社 銀行ほどではないが、消費者金融よりは厳しい 条件による
※クレジットカードにキャッシング機能があれば即融資可能
総量規制対象
年収の3分の1を超える額の貸付不可
高め
平均17%~18%
※消費者金融より高い傾向

銀行・銀行系の会社のメリット、デメリット

上記の表で分かるように、銀行や銀行系の会社でお金を借りられる利点は、金利が低く設定されていることです。
消費者金融や信販会社で借り入れするよりも、利息の支払いが少なく済みます。

また、母体が銀行なので十分な資金力や社会的信用もあり、消費者金融や信販会社を利用するのと比べると安心感があります。

さらに、利用限度額が大きいことも魅力です。
銀行は銀行法で営業をしているため、消費者金融のような総量規制(年収の3分の1以上の貸付を禁止する貸金業法※一部例外となる借り入れもあり)が適用されないため、まとまったお金を一社から借りることが可能です。

銀行でお金を借りるデメリットを挙げるとすれば、消費者金融や信販会社に比べると、審査が厳しい点です。

総量規制がなく、融資限度額が他社に比べて大きい分、審査は慎重に行われ、返済能力があるのか厳しくチェックされます。そのため、即日融資が難しい場合もあります。
収入が低く、安定していない人は審査に通らないこともあります。

また、銀行によって預金口座を作ることが借り入れ条件になっており、すぐにお金が必要な人には手間と時間がかかるという点もあります。

消費金融のメリット、デメリット

銀行や信販会社と比較して消費者金融を利用する一番の魅力は、圧倒的に審査のスピードが速いことです。
審査も緩く、借り入れしやすいと言われています。
無担保で保証人も不要、手続きが簡単なため、すぐに現金が必要な人には非常に便利です。

無人契約機やネット申込で、受付時間にも幅があり、忙しくて銀行の受付時間に間に合わない場合にも便利という点があります。無人契約機は21時近くまで、ネットは24時間利用できる会社もあります。

昔は消費者金融=「サラ金」と呼ばれ、あまりよいイメージではありませんでしたが、近年の大手消費者金融は、法令順守しているので安心して借り入れができます。

一方、消費者金融を利用する際の注意点は、金利が高く、利用額や利息のことをしっかり考えて借りすぎないことです。
銀行に比べて、経済力が安定していない人でも審査に通りやすく、担保も保証人も必要ない反面、回収のリスクヘッジとして金利が高く設定されています。

また、大口のローン(住宅、自動車など)に影響すると言われています。
大きな金額を貸付する会社は、当然ながら利用者の審査を厳しく慎重にしています。
ゆえに、消費者金融の利用歴はあまりよい印象になりません。そのため、大口のローン審査を受ける予定のある人は注意が必要です。

信販会社のメリット、デメリット

銀行や、消費者金融にない信販会社を利用するメリットは、カードのショッピング枠と別に設けたキャッシング枠を利用できることです。
カードの申込時に、キャッシング枠を設定しておくと、いざ現金が必要なときに対応できます。海外旅行などでも利用可能なところも魅力です。

さらに、ポイントサービスがあることも強みです。
信販会社は利用額に応じてポイントサービスがあります。とは言え、金利や限度額の面を考慮すると、銀行や消費者金融に劣ります。

以上、3つのキャッシング会社を大まかに紹介しましたが、上記はあくまでも傾向です。
各社のプランや特徴、違いをそれぞれしっかり確認し、自分の条件に合うものを選ぶことをおすすめします。