各金融会社と銀行、二つの違いは利率の差

消費者金融と銀行では、利率に差があります。例えば、100万円前後の元金を借り入れする場合、消費者金融の平均的な利率が5.0%~18.0%であるのに対して、銀行では10.0%~12.0%となります。
まずは、消費者金融の利率について比較してみましょう。実際に、100万円を借り入れするという返済シミュレーションを行い、大手消費者金融の実質年率を調べてみました。

会社名 最低~最高年率 限度額 総額 月々の支払額
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 1,501,415円 30,000円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 1,099,012円 91,584円
アコム 4.7%~18.0% 500万円 1,098,627円 91,679円
モビット 4.8%~18.0% 500万円 1,100,153円 91,679円

※アイフルは借入後残高スライド元利定額リボルビング、35日サイクル制を適用
※全て最高年率で計算しています。

次に、銀行での利率について比較します。こちらも消費者金融の時と同様、100万円の借り入れをした場合の返済シミュレーションです。

会社名 最低~最高年率 限度額 総額 月々の支払額
三菱東京UFJ銀行 4.6%~14.6% 500万円 1,080,829円 90,069円
みずほ銀行 4.0%~14.0% 1,000万円 1,083,852円 98,531円
三井住友銀行 4.5%~14.5% 800万円 1,080,265円 90,022円
オリックス銀行 3.0%~17.8% 800万円 1,109,966円 85,382円

銀行のカードローンは、消費者金融と比較すると金利が低めに設定されています。その理由として、銀行には消費者金融にはない保証会社が存在し、返済が滞った場合に損がないように守られています。そのため、消費者金融と同じように金利を18.0%まで引き上げる必要がないのです。
上記表だけで比較した内容を見てみると、同じ金額で借り入れする場合は、三井住友銀行がお得と言えます。

初回契約にも違いがある消費者金融と銀行

消費者金融から初めて借り入れをする場合、年収によって上限が50万円程度になります。その理由として、賃金業法の総量規制により、申込をする人の年収3分の1までしか借り入れできない、という決まりになっているからです。
一方、銀行のカードローンで借り入れをする場合、年収による規制はありません。消費者金融と違って、銀行は総量規制とは関係がないのです。従って、初回借り入れをするなら消費者金融で行うより、総量の規制がなく、金利の低い銀行で行ったほうがよりよいでしょう。

年収が多い場合には最初の借り入れ金額が同じでも、上限額が高くなり、利率を抑えることもできます。
では、実際に年収が違う申込者が三菱東京UFJ銀行のカードローンで100万円の借り入れをするとどう違いがあるのか見ていきましょう。

Aさんの場合
年収:350万円
年利:12.0%(上限150万円)
回数:50回
→総額:1,184,543円、利息184,543円

Bさん
年収:850万円
年利:12.0%(上限400万円)
回数:10回
→総額:1,055,816円、利息55,816円

年収の違いから月々の返済額や支払回数も大幅に違うため、利息の差は128,727円も変わります。年収が高い人の方が月々の支払額も多くのはあたりまえですが、年収の低い人でも月々の支払額を増やすためには、生活の見直しをして固定費以外の節約や副収入を得て、より利息が減るよう返済計画を練らなければいけません。

借り入れがお得な銀行ランキング

上記でも分かる通り、消費者金融よりも銀行の借り入れがお得なのはお分かりいただけたかと思います。
では実際に、銀行を例に挙げて、どこがお得なのかランキングで見ていきましょう。

・第1位 三菱東京UFJ銀行
業界水準的にも低金利で、大きな金額を借り入れしたい人には非常に有利です。また、土日祝日もカード発行を行っているので、いつでもすぐに利用できるというメリットがあります。
三菱東京UFJ銀行詳細情報ページへ

・第2位 みずほ銀行
銀行の口座を持っていない人でも、安心して借り入れができます。即日でお金を借りることができるのも魅力のひとつです。
みずほ銀行詳細情報ページへ

・第3位 三井住友銀行
借り入れまでの時間が最短30分という早さで、借入限度額も10万円~800万円までという広さを持っています。
三井住友銀行詳細情報ページへ

・第4位 オリックス銀行
収入証明不要の限度範囲が他社と比べて大きいのが特徴です。業界最高水準となる300万円までは収容証明の提出が不要となります。
オリックス銀行詳細情報ページへ

よりお得に借り入れするには銀行系の三菱東京UFJ銀行を利用するとよいでしょう。ここでは、簡単なランキングを示しましたが、100万円をよりお得に借りるにはどこにすれば、自分に合った金融会社を選ぶのかは各会社をご確認ください。

年率・利子・利率徹底比較一覧