ゆうちょ銀行のキャッシング情報

ゆうちょ銀行

金利 7.0%~14.9%
限度額 最大500万円
申込み方法 インターネット、電話、窓口
返済方法 ATM・CD
増額 あり
おまとめローン あり

ゆうちょ銀行は東京都に本社を置く銀行です。
2006年に郵政民営化の準備に伴い設立され、日本郵政公社から郵便、貯金事業を引き継いでいる会社です。
日本全国の郵便局を通じて、利用者個人の総合的な金融サービスを提供する「最も身近で信頼される銀行」を 目指しています。
そのゆうちょ銀行は静岡県と神奈川県を中心に展開している、地方銀行であるスルガ銀行と提携して「したく 」というカードローンを提供しています。ゆうちょ銀行独自のカードローンではなく、あくまでスルガ銀行の カードローンとして扱われているので覚えておくとよいでしょう。

金利はどのくらい?

したくの金利は年7.0~14.9%となっており、上限金利こそ銀行のカードローンとしては平均的なのですが、 下限金利は銀行のカードローンとしては少し高めの設定です。
この金利はスルガ銀行にて決定されています。

申込み方法と流れ

インターネットか電話、ゆうちょ銀行の窓口から申込みをすることができます。また、申込みの対象は安定し た収入がある20~70歳の方です。
申込み後、スルガ銀行か保証会社にて仮審査が行われ、後日仮審査の結果が電話または郵送にて通知連絡があ ります。
審査に合格していた場合、本人確認に必要な書類と申込書・同意書を返送すると本審査が行われ、本審査でも 合格すればカード発行、借入が開始されます。

初回から300万円の限度額を選べる利点

したくの最大限度額は500万円と、銀行カードローンの平均としては一般的な限度額になっています。
しかし、したくは初回から300万円の限度額が選ぶことができ、最大限度額が800万円のカードローンでも、 初回の限度額は低い設定になっているなか、初回から300万円を選択できるのは魅力です。
限度額は増額も可能で、増額の申込みはインターネットか電話から行えます。増額に関しても、初回と同じよ うに審査があることを覚えておきましょう。

全国の提携ATM・CDでできる借入と返済

したくでの借入と返済ができる銀行ATMとコンビニATMは豊富な種類があります。
全国のゆうちょ銀行やスルガ銀行のATMで利用できるのはもちろんのこと、イオン銀行など、多くの銀行の ATMで利用することができます。
セブンイレブンやイーネットのロゴがあるコンビニエンスストアなど、身近な場所でも借入や返済ができ、全 国の提携金融機関ATM・CDでは借入のみ可能です。

返済方法は、ATMでの専用ローンカードによる入金での返済です。自動引き落としでの返済ではないので注 意しましょう。定例返済期間に加え、お金に余裕がある際には随時返済ができます。少しでも利息が減るよう 早め早めに返済しくいけるよう心がけましょう。

おまとめローンとしての利用が可能!

多数の金融機関への返済があり、返済の手間がかかるという方は、したくをおまとめローンとして利用してみ てはいかがでしょうか。おまとめローンとして利用することで、多数の金融機関への返済が一本化され、負担 の軽減にもつながります。

メリット・デメリット

【メリット】
・初回限度額が300万円と高額
したくにおけるポイントは、ゆとりある初回限度額の金額です。急に多額のお金が必要になってしまった方に 特におすすめしたいカードローンです。

・プライベート厳守
お金の借入を知られたくない方がほとんど。申込みの際の希望連絡先として自宅や職場、携帯電話から選択す ることができます。しかし、在籍確認は職場等への連絡が必要です。

【デメリット】
・自動引き落としでの返済ではない
つい入金を忘れがちな方にとっては不便と感じるでしょう。返済方法がATMへの入金に限られているので、 何度も利用していると手間に感じてしまうデメリットもあります。

したくはこんな人におすすめ!

・急に多額のお金が必要になった方
・さまざまな場所から借入がしたい方
・月々の利用明細が発行されたくない方

提携しているATMの豊富さ、有名銀行ならではの安心感はやはり魅力。急に多額のお金が必要になってしま った方や月々の利用明細が郵送されたくない方は、利用明細を発行しないサービスもあるので魅力が多いカー ドローンと言えます。

体験談

普段からゆうちょ銀行の口座を中心に利用していて、窓口での申込みができるということもあり、このカード ローンに申込みました。インターネットや電話からしか申込みができないところもあるなか、窓口でできるの で安心。
契約が完了してから借入ができるようになるまで2週間ほどかかりましたが、その後は不自由なく利用できて います。返済が手間に感じるという口コミが多かったですが、利用できるATMがたくさんあるので自分はそ れほど手間に感じませんでした。

毎月20日~翌月1日の間に自分で入金して返済するため、毎月自動引き落としのプレッシャーを避けたいとい う方、また体験談でもあるように安心できる窓口での申込みがよいという方にもおすすめのカードローンです 。インターネットから申込みしたい方は公式サイトから行いましょう。