プロミスのキャッシング情報

プロミス

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申込み方法 インターネット、店舗、郵送
返済方法 ATM、店舗、インターネット
増額 あり
おまとめローン あり

プロミスは、元々はプロミス株式会社でしたが、現在はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に社名変更し、三井住友フィナンシャルグループの傘下となっています。全国に窓口と専用ATMがありますので、手軽に借入、返済が可能です。

無利息期間が好評!プロミスの金利

フリーキャッシングプラン利用時の利息は、借入利率4.5~17.8%(実質年率)が適用されます。キャッシングは借りた金額や日数に応じて利息がつくものですが、プロミスでは無利息期間を設けています。ただし条件があり、web明細の利用とメールアドレスの登録をする必要があります。そうすることで、初回融資が30日間無利息になります。

審査は最短30分!お客様に合った申込み方法が選べる

プロミスは、インターネットなら24時間365日申込みすることができます。インターネットで入力した内容をもとに一次審査を行い、審査後に電話で審査に必要な残りの項目を確認します。それから最短30分で審査結果が通知されます。契約はインターネット・店舗・郵送の3つの方法があるので、自分に合った方法で行うことができます。
インターネットでの契約は、契約内容を確認後、振込での融資が可能で、来店での契約の場合はその場ですぐに借入できるメリットがあります。一方、郵送の場合は、書類を受領後にご利用が可能となるので、少々時間がかかります。審査の基準として、債務整理後でも比較的審査に通りやすいといわれています。 ですが、債務整理は記録として残されるものなので、別のカードローンを選ぶとよいでしょう。
 また、信用情報機関には5年間登録されるので、5年経過していることが重要です。5年以内でも審査に通ることもありますが、必要最低限の希望額にしましょう。

借入の最大限度額は500万円ですが、インターネットから簡単に増額することができます。限度額の増額には申込みと同様審査が必要です。その際に、限度額が50万円以上の方と、ほかの金融会社と合わせて100万円の限度額以上の方は収入証明書類も必要になります。

返済はインターネットからも可能

プロミスATMやお客様窓口、コンビニに足を運んで返済する方法や口座振替もありますが、インターネットから返済することもできます。土日の返済処理も瞬時に完了するので、追加の融資も可能です。

プロミスのメリット・デメリット

【メリット】
・最短即日融資に対応
プロミスは申込み当日より銀行振込にて借入が可能です。そのためには平日14時までにインターネット契約を完了させる必要があります。

・限度額内なら繰り返し借入できる
プロミスは限度額内であれば再申込み不要で繰り返し借入できます。完済後も解約せずに限度額を持っていれば、再申込み不要で借入することができます。

【デメリット】
・全体的に金利が少し高め
長期での借入や金利を抑えたい方には不向きかもしれません。おまとめローンもありますが、金利が高いためあまり向いていないと言えます。

こんな人におすすめ

・学生やアルバイトしている方におすすめ
・今すぐに借入したい方
・家族や知り合いに知られたくない方

専業主婦や無職の場合は借入することはできませんが、学生やアルバイトであっても安定した収入がある方は借入が可能です。ほかにも、プロミスの最大の特徴は24時間の自動審査で即日融資ですから、明日お金が必要という場合でも対応できます。その際にインターネットで申込めば、カードを持たず郵送物も送られてこないため、人に知られる心配がありません。

体験談

飲み代で生活費まで使ってしまい、プロミスで借入しました。私はアコムでも借入していたのですが、審査には余裕で通り、20万円借りることができました。お金の使い道は、「生活費が足りない」ということでは返済能力がないと思われてしまうので、「車の修理代が必要になった」と書きました。会社への在籍確認の電話も、「プロミスです」と名乗らず、「私○○と申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」という訊き方だったので、借りていることが会社に知られずに済みました。

このように、内緒で借りたい場合の配慮もされていると助かりますよね。プロミスは金利が少し高いかもしれませんが急にお金がほしい!という場合には手続きが早い分便利です。また、公式サイトでは返済のシミュレーションを行うことができるので、利用前に返済の計画も慎重に行いましょう。