ブラックの人が審査に通りにくいのは理由がある

利用しているキャッシングやローン返済の延滞などで、金融機関や信用情報機関のブラックリストに一度のってしまうと、大手の金融業者からの借り入れがほとんど不可能になってしまいます。

なぜ借りたことのない金融機関で審査が通らないのでしょうか?
疑問に感じる人もいるでしょう。一か所での金融事故が他社との取引に影響を及ぼす原因は、信用情報機関というところが関係しています。

信用情報機関とは

信用情報機関とは、加盟している金融業者から登録されている情報(個人の信用に関する情報、個人情報、契約内容、ローン状況、利用実績など)を管理、提供している機関のことです。
消費者と金融機関などの会員や会社が健全な取引ができるように、消費者、金融機関、信用情報機関はつながっています。
加盟している金融業者は契約時の信用力判断のために、この信用情報機関の情報を利用し、大手の金融機関の大半が加盟している機関です。

会員になっている金融機関(消費者金融、銀行、信販会社など)は、取引相手の返済能力、健全な取引ができるかどうか判断する材料として、取引時に必ず利用するものです。
取引相手となる消費者の詳しい利用履歴、個人の信用情報をしっかり確認します。
ですので、その情報に申込者のブラックリストになった原因、金融事故の情報があれば、取引できないと判断する要因になるのです。

信用情報機関の情報の登録期間は3~10年程度の間で、その期間は借り入れが難しくなると言われています。先に述べたようにブラックリストにのると、情報が消えるまでかなりの時間が必要なため審査に通ることは難しく、大半の機関から融資をうけることができません。

大半の機関で審査NGのブラックの人でも、どうしても資金が必要で、とにかく融資してくれる業者を探している人もいると思いますが、注意しなければならないのが、"ブラックでも借り入れ可能"という情報です。
大半の機関がNGを出しているのに、あっさりブラック可と謳う(うたう)業者は、ほぼヤミ金なので要注意です。

一方で、審査が比較的やさしい会社は存在します。
例えば、楽天銀行。こういったところへの申込を試すのもひとつの手段です。
ただしブラック状態で申込して審査に落ちるということを繰り返すのは信用情報にとって、マイナスなので注意しましょう。資金繰りが厳しい可能性があると判断されることがあります。
このようにブラックになると借り入れが難しくなるので、リストにのるような行動はしないようにしましょう。

知らないうちにブラックに?

ブラックという自覚がなくても認定されていることがあります。
自分に身に覚えがなくても配偶者がブラック、携帯電話や公共料金の支払い滞納。またブラックでなくても、転職直後などは借り入れが難しくなることがあります。

自分は大丈夫なのか、ブラックが疑われる場合、なぜか審査に通らない、そういう時は下記の信用情報機関に照会することをおすすめします。

◆JICC日本信用情報機構
ダイヤル:0570-055-955
・開示手続き等、音声ガイダンスで24時間
・オペレーター受付【月曜日~金曜日(祝日・年末年始除く)10:00~16:00】
・JICCでは、お問い合わせ等の内容を正しく把握するため、通話内容を録音

◆CICクレジットインフォメーションセンター
ダイヤル:0570-666-414
・音声ガイダンスによる自動応答24時間
・オペレーター受付【月曜日~金曜日(祝日・年末年始除く)10:00~12:000 / 13:00~16:00】

◆KSC全国銀行個人信用情報センター
・郵送のみ
・参考URL: http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/
※利用手数料1,000円程度必要

最後に、ブラックになると基本的には借り入れができません。このような状態にならないように計画的な返済、常々の管理を徹底することが大切です。
楽天銀行など審査に通る可能性のあるところもありますが、あくまで可能性です。
だからと言って、ブラック可を謳うところは、ほぼヤミ金なので手を出さないようにしましょう。自分の信用状態がブラックかもしれないと思った人は、信用情報機関への問い合わせで確認するのも一考です。

希望条件で探す