海外でキャッシングするには?

キャッシング枠のあるクレジットカードを海外で利用するには、カード会社にもよりますが、事前の設定が必要な場合や、カード会社へ新たに申込まなければいけない場合もあります。また、国内でのキャッシングの利用可能枠と海外での利用可能枠は別に設定されています。

例えば、三井住友銀行のカードを持っていれば、海外でも使用できるように設定をしなければ使用できません。パソコンや携帯からサイトにアクセスし、ログイン後に海外キャッシュサービスのご利用枠設定・増枠の申込ができます。(一部の提携カードおよび法人カードは申込不可なものもあり)
そして、こちらのカードの場合、利用可能枠は5~50万円となっていますが、この範囲内でどれくらいの枠が利用できるかは個人で変わってきます。

このように、お持ちのカードにより設定方法や利用可能枠、海外キャッシングに対応しているのかなどは異なりますので、カードの裏面に記載されているサポートセンターへ問い合わせてみることをおすすめします。

返済方法と金利の設定

金利は、15%~18%とやや高めに設定されており、レートによっても左右されます。どのタイミングによる為替レートで決済されるのか気になるところですが、これは決算センターが処理するタイミングに委ねることになります。

また、返済方法は基本的に一括になっています。(一部リボ払いにも対応可能なものもあり)繰り上げ返済が可能な場合は、カード会社に繰り上げ返済をしたい旨を伝え、できるだけ早く、返済することをおすすめします。利息を抑えるためには早めに返済していくとよいでしょう。

利用可能なATM

お金を引き出す際はATMから引き出すことになるのですが、全てのATMが対応しているわけではありません。また、Master card、Visa、JCBのうち、どのカードを使っているかによって、利用できるATMが変わってきます。
「PLUS」と表記されているATMはVisa。「SIRRUS」と表記されているATMはMaster card、JCBに対応しています。

万が一の場合に対応してくれるカード会社

旅行時で万が一の事態に遭遇した際、きちんと対応してくれる主なカード会社をご紹介します。

・楽天カード
・JCB
・三井住友カード
・オリコカード
・三菱UFJニコス
・ライフカード
・ジャックス
・イオンクレジットサービス

こういった大手カード会社では、カードの紛失や盗難時に即座に対応できるように専門ダイヤルを設けています。
※対応可能時間や休日はカード会社により異なりますので、お持ちのカード会社の公式サイトなどで、渡航前に確認しておきましょう。

楽天カードのサービスを例にご紹介します。
各カードブランド(Master card、Visa、JCB)が提供する海外での紛失・盗難専用ダイヤルを設けています。365日24時間、しかも楽天会員なら無料で対応してくれますので、緊急時には迷わず連絡しましょう。また、渡航中のみ使用できるカードを現地で再発行してくれる“緊急カードサービス”や海外旅行中での病気や事故での医療費、賠償責任を保障してくれるといった安心のサービスも充実しています。

海外旅行で最も避けたいのが現地での金銭トラブルではないでしょうか。いざという時に慌てることがないよう、回避できるトラブルの芽は出国前に摘んでおきましょう。せっかくの海外旅行は、余裕を持って楽しみたいですよね。

希望条件で探す