学生に優しいキャッシング!困った若者を救う方法

親からの仕送りがストップしてしまった、アルバイトの雇用が解雇された、学費が足りないなど学生でもお金に困ることがあります。
こういった時に学生でも利用できるキャッシングを知っていれば、緊急事態に対応できます。未成年の場合、親の同意書が必要ですが、学生でもキャッシングは可能です。

成人であれば通常どおりキャッシングやカードローンが組めます。
ただ、よく金融機関を調べずに、お金が簡単に借りることができそうだから、と町の広告を見てヤミ金に借りるなど関わらないように、安全なところから借り入れしましょう!

安全な借り入れ先として銀行があります。消費者金融もありますが、銀行は金利が低く学生の返済能力以上の融資は行いませんし、利息を考えるとおすすめの金融機関です。
銀行は審査が難しいのではないか?と思う人もいると思いますが、三菱東京UFJ銀行など、学生を対象としているところはあります。
※三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は低金利(4.6%~14.6%)で条件次第で即日融資対応が可能というところがメリットです。

学生が借り入れするまでの流れ

・審査
審査申込後の審査は通常と同じ。
返済能力を確認されます。学生の場合はアルバイト歴と、その収入がポイントになります。
・在籍確認
アルバイト先に確認連絡があります。
・借入額上限
学生の場合は低く、10万以下だと思ったほうがよいでしょう。

借り入れ先の金利比較

金融機関名 金利 遅延利率
遅延損害金
銀行 みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% 14.60%
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 20.00%
アコム 4.7~18.0% 20.00%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.00%

学生がキャッシングを利用する注意点として、滞納したら就職活動に影響があるという噂(うわさ)があります。実際は個別の企業による上、法的には採用時に調査することはできないものの、仮に金融機関や信用情報機関へ就職を考えているなら可能性はあります。

安定した収入のない学生時代は、キャッシングはあくまで返済見込みのある金額のみ借りる、滞納の可能性があるなら利用は控えたほうがよいでしょう。

借りる前に自分の生活を見直し、生活費や交際費など削れる部分を削った上でキャッシングしなければならないのかを検討しましょう。

繰り返しにはなりますが、学生でもキャッシングが可能な金融機関は存在しますが、利用する前には、本当に自分はキャッシングする必要があるのかどうかしっかり考えましょう。
そして、どうしても利用する必要がある場合は、借り入れ先を慎重に選ぶことです。

誰にでも融資してくれる、無審査でもよいなど危険のある金融機関には近づかないようにしましょう。
その金融機関が安全かどうかを確認する方法は、ヤミ金の見分け方などでチェックしてください。

あわせてこちらのページも確認しましょう。
無審査の会社一覧
審査が甘いキャッシング一覧

学生に優しいキャッシング会社一覧

希望条件で探す