キャッシングやローンでよく聞くノンバンク系の会社とは?

融資してくれる金融機関には、銀行系の企業やノンバンク系企業があります。
ノンバンク系の会社とは、消費者金融や信販会社などのことです。ノンバンク系と銀行系との違いがよく分からない人のために、まず法的な違いから見ていきましょう。

銀行系とノンバンク系の違い

銀行系とノンバンク系の違いは、総量規制という貸金業法の対象かどうか、ということです。
聞きなれない言葉だと思いますが、総量規制とは、貸金業者が借り入れようとする個人の年収3分の1を超えて貸付をしてはならない、という貸金業法のなかにある規制のことです。

項目 総量規制 適用法律 限度額
銀行 対象外 銀行法 銀行独自の審査で決定
ノンバンクより高額な貸付が可能
ノンバンク
(消費者金融、信販会社)
対象
※例外もある
貸金業法 借入者の年収3分の1を超えて貸付をしてはならない

この法律が作られることになった背景には近年、個人の返済能力をはるかに超える借り入れをして、多重債務で生活が破綻した人が増加したことによるものです。
深刻な社会問題への対策として定められたのがこの総量規制です。

総量規制の対象となる金融機関は、貸金業法という法律のもとで運営されている企業に適用されます。貸金業法のもと営業している貸金業者とは、消費者金融、信販会社などのノンバンク系の金融機関です。
信販会社は、基本はクレジット払い(販売信用は商品やサービスの代金の立替払)を扱いますが、キャッシングも扱っています。そのキャッシングのみ貸金業法に該当する営業です。

一方、銀行系の企業は銀行法で営業しているので、消費者金融や信販会社などの賃金業者が対象となる賃金業法に該当しません。独自の審査で営業することができ、総量規制の対象外となります。
そのため銀行でのキャッシングやローンは、審査に通るとノンバンク系よりも高額の借り入れが可能となります。

総量規制以外でノンバンク系と銀行系の違いをいくつか比較してみましょう。

・審査
ノンバンク系は銀行よりもやさしく、審査が早い。
一般的に銀行系の審査は厳正で時間がかかると言われている。

・金利
ノンバンク系は金利がやや高めで平均18%程度。
そのなかでも消費者金融より信販会社のほうが若干高い傾向。
銀行系はノンバンク系より低い金利が設定されている。

・融資までのスピード
ノンバンク系はスピード対応が最大の売りと言ってもよいほど融資までが早い。
信販はクレジットカードと一緒に申込していれば、手続き不要でキャッシングができる。
銀行系はノンバンク系に比べ、審査や手続きに時間を要する場合が多いが、審査条件を満たし、口座を持っていれば即対応できることもある。

このように、総量規制以外にも、各機関によって対応や条件に違いがあります。
借り入れ先を決める再は、各社の条件を照らし合わせながら、自分の希望に合うところを選びましょう。

審査に通るか不安がある人や、なるべく早く現金が欲しい人は、ノンバンク系を利用するのがおすすめです。なお、ノンバンク系でも会社や申込方法によって融資までの時間が変わってくるので、しっかりと確認することが必要です。

ノンバンク系は銀行に比べて金利が高いという面はありますが、会社によっては無利息期間を設けているところもあります。
webで借り入れから返済までのシミュレーションをして、どの金融機関で借り入れるとお得なのか確認できるので、一度利用してみることをおすすめします。

希望条件で探す