借りるなら審査の甘いキャッシング?!

キャシングやカードローンの借入申込の際に、返済能力があるかどうかを確認する審査があります。審査の基準は各金融機関で異なりますが、一般的に銀行系の審査は厳しく、消費者金融は比較的通りやすいと言われています。

審査が比較的通りやすいキャッシングの例として、楽天カード、オリックスなどが挙げられます。
これらの特徴は、収入面が多少不安でも審査に通りやすいところです。

例えば、楽天カードの場合18歳以上(高校生は不可)で利用できます。
大学生や専門学校生、アルバイトやフリーター、年収100万円程の方や専業主婦も利用できます。
審査に通りやすいという反面、通過後は信用チェックを厳しく行っているため、注意が必要です。支払が滞ったり、限度額いっぱいまで使用したりすることが多ければ、強制解約になることもあります。

支払い延滞を長期間または頻繁に行う、不正利用が発覚するなど、利用規約に反する行為をした場合、強制解約になります。強制解約された場合、残金は一括返済しなくてはならない場合がほとんどです。
残高の一括支払いのほかにも、強制解約された経緯や全ての信用情報が、信用情報機関に登録されます。この情報は長い機関期間消えることなく残るので、他の金融機関で審査を受ける際も影響を受けます。

信用情報機関に加盟している大半の機関が信用情報を確認できるので、一度信用を失くしてしまうと、今後審査に通らない、ローンが組めないといった事態になることもあります。
このような事態にならないように、無理のないプランを立て、返済期間を守り、注意しながら利用しましょう。

審査に通過しやすくなるポイント
◆初回の借入金額を少なめにする
◆複数の消費者金融や銀行から借りない
◆複数の消費者金融から借りている場合はおまとめローンを利用する
◆申込条件をしっかり把握し、申込書の埋められる部分は全て情報を埋める

一般的に、審査の重要な項目として、年齢は20歳以上60歳以下、年収は200万円以上だと通りやすく、年収200万円以下の場合は審査に不利なようです。また、雇用形態は公務員が最も審査に通りやすく、次いで正社員、自営業となっています。派遣社員やフリーター、アルバイトの場合は、金融機関によっては審査に通らないこともあります。
職業勤続年数は1年以上、勤務先は大手企業の方が審査には有利と言われています。
住居形態や家族構成も確認され、持ち家や社宅は通過しやすく、独身や一人暮らしは審査に不利のようです。

そのほかにも、過去にクレジットカード支払の延滞がないか、複数のクレジットカードを保有していないか、他社から3件以上の借り入れがないか、ということも審査に影響します。

このように、金融機関はさまざまな情報から借り入れする人が、借入金額に対する返済能力があるかどうかを慎重に見ています。

各社の加入条件や審査のポイント、金融会社の商品の特徴を把握し、自分の経済状況、必要な金額や返済期間を考慮してから借り入れ先を決めましょう。

審査が甘いキャッシング一覧

希望条件で探す