銀行系キャッシングの最大の魅力を知ろう!

お金の借り入れ先として大きく分ける場合、消費者金融、信販会社、銀行系の3つに分類されます。
銀行系とはどういう会社かと言うと、銀行やその小会社のことです。

では、主な銀行系会社の金利と限度額を比較してみましょう。

金融機関 金利 限度額
三菱東京UFJ銀行 4.6%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 3.0%~14.0% 1,000万円
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 500万円
アコム 4.7%~18.0% 500万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 500万円

【金利】
銀行系の借り入れサービスの特徴として金利の低さが挙げられます。
銀行系は、その他金融機関の設定している金利に比べると低い金利になっているので、多額の利息を払う必要がない分、安心して利用できます。

銀行そのものは、大手の企業に対してお金を貸しているので、親会社として大きな利益を得ています。こうした後ろ盾もあって、一般消費者に対する融資は低い金利で提供できるのです。
また後述のように、審査を比較的厳密に行うことで、安定した金利を得ることができるという点も金利の低さにつながっています。

【審査】
ほかの金融機関に比べると、銀行の審査基準は厳しいものになっています。
与信スコアリングシステムと言って、借り入れる人の年収、正社員か否か、職業や年齢、借り入れ状態、返済実績など、あらゆる角度から審査をします。
このため、審査には時間がかかりますし、審査に通らない人もいます。

厳しい審査をする理由は、銀行系が「総量規制」の対象外になっているからだと言えます。
総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を貸すことはできないという貸金業法に含まれるルールのひとつで、主に消費者金融に適応されます。
銀行は銀行法のもと営業しているため、貸付の限度額を上げることができます。その分、回収不能にならないように厳しい審査をしているのです。

項目 総量規制 適用法律 貸付限度額
銀行 対象外 銀行法 銀行独自の審査で決定
ノンバンクより高額な貸付可能
消費者金融・信販会社 対象
※例外もある
貸金業法 借入者の年収3分の1を超えて貸付してはならない

銀行系の会社は厳しい審査ではありますが、審査条件をクリアできる人にとっては、低い金利で多額の借り入れができ、利用する価値は大いにあります。

総量規制対象外の銀行なら、消費者金融で借りることができなかった額でも借り入れが可能という人もいます。それは前述の通り、総量規制によって審査が通ったということになります。

しかし、消費者金融の審査に通過できなかった人が、必ず銀行のカードローン審査に通過できるかというと、可能性はそう高くはないようです。
銀行のカードローンの保証会社は消費者金融が大半なので、一度返済能力がないと審査した人を保証するということは考えにくいのです。

審査が厳しい銀行ですが、銀行系を利用するメリットとして、例えば借金を一本化できるおまとめローンの金利が消費者金融より低いということも挙げられます。

このように、銀行系の金融機関で借り入れをすると、厳正な審査で無理のない返済計画が立てられること、低金利でお得に利用できることなど、メリットは数多くあります。審査基準を満たせる人は、消費者金融や信販会社を利用するよりも、銀行を選ぶ方がよいでしょう。
では、各銀行系会社の情報を比較してみましょう。

希望条件で探す